宮城エクスプローラー

5月3日。待ちに待ったPerfumeの6回目の全国ツアー初日。宮城へ冒険に行って参りました。しかし冒険の内容(セトリ&演出)について触れることはできません。あ~ちゃん直々の御達しなので一切書くことはできないのです。知りたければ観に行け!これから観る人のことも考えろ!的な事なのでしょう。というより自分的には、当日夜明け前に出発しPerfume号をかっ飛ばし、サービスエリアはどこも渋滞で一度も寄ることなくノンストップで走りきり、おまけに仙台市内のホテルに寄って、大きいオジサン(妖精ではない)をピックアップし会場へ向かい、駐車場で開場までの時間を潰しやっと観れた訳ですから、観た者の特権ということでどうぞお許しください。

ま、そんなこんなで4時過ぎに入場口に向かい、当日座席番号発券システムで判明した席に座っていると、席番を聞いてくるお客さんが来て確認すると僕の隣に座りました。ついでに話しかけてみたら、なんとその方はGAMEツアー以来の参戦とかで、もしかしたら途中嫌になってファンをやめたのかな?と聞いてみたら、ただ仕事が忙しくて観にこれなかったとか・・・でも、CDやDVDはしっかりと買っているので最近のPerfumeはもちろん知っているらしく、しかも数年ぶりに生で観るPerfumeに興奮を隠せない様子で、知らない者同士、随分話が盛り上がってしまいました。(笑)

そんな方(ファン)もいらっしゃるんだなと感心しつつ、ライブ終了後に隣の彼を見たら満面の笑みを浮かべて、僕にこう言いました。「いやーやっぱりPerfumeって凄いですねー普通売れると変わっちゃうんだけど、Perfumeって基本的なところは全然変わってないですねー」と、熱く語っていたのがとても印象的でした。そして、GAMEツアーからのブランクを取り戻すかのように「幕張にも行きたい!休みが取れれば必ず行きたい!」と幕張へ行く決心をしておりました。終演後もしばらく余韻に浸りたいということで、最後に握手を交わし僕は一足先に会場を後にしました。

直接ライブの内容については書けませんが、大まかに全体的な感想を言わせてもらうと、以前MIKIKO先生が言っていたように、過度に演出に頼らない!演出一辺倒にならない!ライブが貫かれていたように感じました。演ずるのはあくまでもPerfumeの3人というのがPerfumeの一貫した“らしさ”なんだと痛感させられたライブだったと思います。

次は福井です!楽しみ~

IMG_1473 IMG_1511 IMG_1515 IMG_1480

(文・フォト=あきにゃん)

「マクハリ・ダウン」

映画「カルフォルニア・ダウン」を観ました。面白かったです。あ!災害を題材にした映画なので面白かったは不謹慎でした見応えのある映画だったと思います。(汗)

ところで、この「カルフォルニア・ダウン」という映画、ツッコミどころ満載な映画でして、もし日本で作ったらネットでフルボッコ間違いなしの、失笑ものになるくらいのストーリー展開でして、主人公がやたらと幸運に恵まれた体質をお持ちで、妻をタイミングよく救助し、次に娘のSOSを受け救助へ向かうが、途中でヘリが故障してホームセンターに不時着すると、すかさず盗難車を奪取し途中の道路が地割れで通行止めにあうが、たまたま居た老人の航空会社へ行き、セスナに乗り込み娘がいる街へ行くが空港へ降りることができず、たまたま機内にあったパラシュートで妻とタンデムダイビングでスタジアムに難なく不時着すると、直後に巨大地震に襲われ大勢の人々を安全な場所へ誘導し多くの命を救うと、すかさずボートに乗り込み娘の所へ行こうとするが、そこへ今度は大津波が夫婦を襲う、だが難なく津波をやり過ごし娘の救助へ向かい、水没してしまった街を当てもなく行くと、たまたま娘が居る建物の傍を通って娘と再会すると、今度は娘が居る建物が倒壊し、すかさず主人公の父親が意を決して水没してしまった娘を救助しにいく・・・。

とまーこんな感じで不運と幸運が交互に働き無事に家族が再会するのでありますが、あちらだと、親子愛、夫婦愛、家族愛がテーマですが、日本だとどちらかと言うと恋人愛がクローズアップされるパターンが多いですよね。あちらの映画は家族の絆をテーマにする事が多いように思います。

でも、この夫婦は離婚寸前という状況下でありながら、あんな奇跡が連続して起きるくらいですからやっぱり別れない方がいいよね~と思っていたら最後はハッピーエンドになるのですが、最後の台詞がいかにもアメリカ~~ンな感じがしました。(笑)

あ!今日、タモステスーパーライブに行けなくて至極残念です。一般枠はもちろんのこと、Perfume枠、YUKI枠をフルに使い応募するも全敗でした。個人的には「マクハリ・ダウン」な訳でして、現実は映画のようには行かないですね。ちゃん!ちゃん!

(文=あきにゃん)

YUKI DIAC’15の想い出【其の二】

「tonight」をいまだにヘビロテしてる、あきにゃんです。このまま年末まで行きそうな予感です。(笑)

あの、感動が忘れられないのでしょう。自分でも自覚しております。はい!正直に申しましょう。「YUKIロス」です。(笑)

でも、一公演一公演、悔いのないようにYUKIちゃんを応援してきたので、本当に後悔はありません。なので、ブログを書いて紛らわします。(笑)

はい!YUKI DIAC’15の想い出でございます。

「其の二」は代々木2デイズについての想い出です。代々木は2日間ともアリーナ席で、しかも各ブロックの最前列でした。(これも稀・・)

一日目はCブロック最前列。しかし一番端っこ!おまけにライブ中すぐ横にSTAFFさんが鎮座してる場所でした。人が通る度に「す、すいません あちらからお通りください・・ここは行き止まりです」的な事を十回以上聴きました。(笑)

が、今の僕にはそんなことですら気になりません。お隣の女子も乗せてしまうほど99.99%YUKIちゃんに集中できる能力が備わっているのです。(笑)

二日目はある意味「神席」でした。Bブロック最前列の角席。目の前はフリースペース!お隣さんはちょっと大人な女性で、その方の隣が空席だったので、ライブ中少しズレる形になり、僕も半身通路側にズレて必然的に前と両脇が専用スペース状態になっていました。

なので、気兼ねなく思いっきり踊れましたね。今回ツアーの中で一番気兼ねなく乗れたのは、言うまでもなく代々木の2日目です。

ライブの終わりに飛んでくる銀テープをかき集めてたら、なぜかSTAFFさんがどさっと僕の席に大量に置いていくので帰り際、パフュ&ユキ友さんにあげました。

あ!ライブの中身について一言だけ。

YUKIライブでいつも感心する事があってそれは、YUKIちゃんが歌い終えて余韻を味わうお客さん(ファン)って偉いなっていつも感心してます。けっこうシ~~ンとなる場面が多いのが、YUKIファンの良いところだと思います。そこはPerfumeファンとは大きく違いますね。(笑)

追伸:代々木一日目のライブ中にYUKIちゃんのマネージャーである「まゆ蔵」さんらしき人を見かけました。背格好といい・・あの後姿はたぶん「まゆ蔵」さんだったと思います。(笑)

(文=あきにゃん)

YUKI DIAC’15の想い出「其の一」

いや~1年って早いですね。クリスマスまで1ヶ月切りました。ホームセンターにクリスマスセットとお正月セットが陳列されている光景が余計慌ただしくさせているのではないかと思ってしまうほどです。(笑)

はい!YUKI DIAC’15の想い出です。

今回、幸運にも5公演当たって、うち3公演がアリーナ席だったというおまけ付で、こんな事って滅多にないので、非常にラッキーでしたね。ま、アリーナ席が常にラッキーとは限りませんが、音響が良いので僕的にはラッキーです。(笑)

でも、初日の地元幕張はあえなく落選(いつも初日は取れない)で、仕方ないので、某ヤフオクさんから入手。しかも、ステージ横の通路席で前から6列目でした。これも後から考えたらラッキーでしたね。

まあ、今回のアリーナツアーは出島(花道)は無いだろうなと思ってたら、大方の予想通り完全にノーマルなステージ配置だったので、あ~やっぱり・・でした。ただ、皆さんもご存じの通り、巨大な回転式の円形ステージが現れる訳ですけど、あの仕掛けは予想外でしたね。

初日の幕張メッセイベントホール!お隣の席には若いカップル。開演前、男子があくびをしたらしく、女子が一撃のひと言を浴びせておりました。「なんだ!?やるきないな~(怒)」あゝ若いって素晴らしいと感心しつつ、一体どんなセットリストで攻めてくるのか?と思案してら「プリズム」。うわー最初にプリズムか~と感動する間もなく、歌い終えてYUKIちゃんが階段を降りてくるとき、こっちの方を見てニッコリスマイルを見せてくれるではありませんか!

「好きってなんだろう…涙」では目の前に来てくれてあのパフォーマンス!おまけにステージが回転したとき、舞台裏まで見えるという。

そして、極めつけは・・・「Hello !」を歌い終えて、すかさず「かわいい~~」を絶叫したら、YUKIちゃんが「!」みたいになって、いつものあれをして下さいました~~天は我に味方した~~!!!

ま、そんな具合に初日幕張メッセイベントホールは興奮のうちに終わったのですが、唯一残念だったのは、目の前を勢いよく銀テープがかっ飛んでいったことぐらいですかね・・・涙。

(文=あきにゃん)

YUKIちゃんロス!なんて言うけれど・・

こんばんは、ライブの細道編集部のあきにゃんです!夜中に、こっそり更新します。(笑)

初心に戻ってツイッターばかりでなく、やっぱりブログだろうと、ブログの世界へ舞い戻ってきました。というか、書かないと本当に自堕落になってしまうので、時折り書こうと思います。

YUKIちゃんのツアーが終わって早一週間。巷(ツイッター)では、“YUKIロス”なんていうワードがちらほら見ますが、僕はけっこう満足してます。今回のツアーは本当に吹っ切れた感(自分的に)が半端なくて、フライの北海道公演では完全にライブ中はYUKIちゃんに集中して参加することができました。

もう、これは自分にしか分からない感覚でして、今までライブに集中する事がなかなかできなくて、他のことに気を取られることが多かったのですが、フライの北海道公演あたりから、始まって直ぐにライブに入る事が出来るようになりました。

だから、9割以上は常にステージ集中しているので、どんなお客さんが居たかなんて、あまり覚えていません。

のっち師匠の“ライブは楽しんじゃったもん勝ち!”が本当の意味で実践できたツアーだったと思います。なのでYUKIちゃん“ロス”ではなく、僕はYUKIちゃんに“感謝”ですね。

それと、今回3本やったツアーのなかで、一番印象に残っているのは、これもドープの北海道公演で、約一年前ですね。一曲飛ばして、鳴いてる怪獣を歌おうとして、YUKIちゃん思わず「あ!間違えた」と言って、しょげてたから、僕が「サイコー!」って言ったら、YUKIちゃんが「そうだね サイコーだね~」って返してくれた事です。(笑)

はい!まさに最高の瞬間でした。

(文=あきにゃん)

 

ライブの細道編集部だより

ついに終わっちゃいましたね。YUKIちゃんの全国ツアーが・・・寂しいっす。なので、久しぶりにライブの細道を書きました。なぜ今回書いたかと言うとズバリ自分の為ですね。ひとつのけじめとしてブログ記事を書きました。ま、そんなたいそうな内容ではございませんが、書いてスッキリしました(笑)やっぱり、インプットばっかりだとアウトプットもしたくなるもんなですね。人間って・・・。

YUKIツアーは昨年の高知からの参戦でしたが、あのときと比べたら今回の武道館のノリって10倍ぐらいの熱狂ぶりだと思うんですよね。最初の頃なんてお地蔵さんばっかりでしたもんね。それだけ50公演という数は凄いんですよ。お客さんも出来上がっちゃうからね。あと、関東地方の方がノリが良かったですね。単純に公演数が多いからだと思いますが、そのなかでも千葉県が一番だったと思います。ドープとサークルが千葉でありましたし、千葉県民の皆さん非常によく頑張ったと思います。

ま、ドープではちょっと異常なくらい盛り上がりましたね。YUKIちゃんコケちゃうし・・今ではいい思い出です。(笑)

そして来年は・・commune10周年記念イヤーと言うことで、なにかしらの企みがあるとか、ないとか?僕的には、ちょっと予想し難いんですけど・・なにがあるんでしょうね。まさかあのモフモフグッズで終わりってことはないと思うんですけど、早くも気になります。

一番良いのは、ファンクラブ会員限定のライブがあることですよね。Perfumeで言えばFCトゥワーのような感じかと思いますが、でも最近そんなイベントって他でもなかなか聞かないもんね。

得体のしれないcommuneだからな~全く読めません。ま、ファンクラブなんてそんなもんなのかも知れませんね。

IMG_1228 IMG_1246
IMG_1249 IMG_1251

(文・フォト=あきにゃん)

ブラっと金沢へ・・

先日行ってきたましたブラっと金沢へ・・・しかもユキンコ号で(笑)ダッシュボードにユキンコをお守り代わりに置き、往復約1,000キロ走破しました。かなりタイトな遠征でしたが楽しかったです。まさにアドベンチャーな旅でした。

金沢はYUKIちゃんにとっても久しぶりの公演だったので、かなり緊張してたみたいです。「脚がガクガク」と、YUKIちゃん言ってましたね。会場からは「えええぇぇぇ~~~」と驚きの声が起きましたが、YUKIちゃんも緊張することってあるのね。

まあ、そんなことだったので、千葉みたいにコテッ!とコケたりしないかと、心配しながら応援してましたが、そこはやっぱりさすがのYUKIちゃん!しっかりとしたステップでいつもより華麗に舞っておりました。

そして、キラキラと輝く衣装に・・・「え!?輝いてるのは私??衣装??」見事なまでのYUKIちゃんのボケにお客さんも大喜び!

お客さん「かわいい~~」YUKIちゃん「え!?かわいい??かわいいっていう言葉にさ~反応しちゃうからさ~」と、おどけるYUKIちゃんを見てさらに癒やされました。

もうーなんでしょう、あの全身全霊で歌う姿って・・・金沢へ行って思ったことは、YUKIもそうだし、Perfumeもそうなんだけど、流行や世間の風に流されず、きちんと主張する人がこうして活躍できるんだと思いましたね。

長く人気を保っていられるアーティストって、やっぱり芯がしっかりしているんですよね。きちんと自己主張が出来ているというか・・・表現が出来ているというか・・・。

YUKIちゃんの歌う姿を見てそんな風に感じました。

次は静岡です。またユキンコ号で行こうかな(笑)